20代からの薄毛予防

20代と言う若さでも薄毛に悩む時代

最近の女性は20代と言う若さで薄毛に悩んでいると言う方が急激に増えてきています。今や薄毛問題は男性だけのものではなくなり、女性の方であっても薄毛に悩まされる時代になってきました。特に女性の間で多い薄毛の症状は「びまん性脱毛症」です。びまん性脱毛症は治らない脱毛症ではないのですが、きちんとした治療をしない場合や、自己の判断で間違えたケアをしたり、放置したりしていると治らない場合もあります。びまん性脱毛症は正しい治療で治りますので、放置せずにまずは専門の皮膚科などに相談するようにしてください。

 

びまん性脱毛症とは

女性の多くが悩んでいると言われているびまん性脱毛症とはどのような脱毛症なのでしょうか。びまん性脱毛症の特徴は、髪の毛が全体的に減ってボリュームダウンする事です。男性の薄毛の場合は頭頂部が極端に薄くなったり、額の生え際部分が極端に薄くなったりするのが特徴的ですが、女性のびまん性脱毛症はその逆です。聞いた事があると思いますが、男性の場合はAGA(男性型脱毛症)と言われています。この女性のびまん性脱毛症はFAGAとも言われていて、女性男性型脱毛症と言われています。

 

びまん性脱毛症は治る?

びまん性脱毛症は先述したように、正しい治療を行えば必ず治る症状なのです。ただし早期に治療を開始した場合のみとなります。基本的にびまん性脱毛症は、男性の様に極端に特定部分がハゲ無いので症状がわかりにくいと言われています。ですから、「最近抜け毛が増えてきたかな?」と感じ始めたら、薄毛専門の皮膚科などに相談するようにしてください。最近では、専門クリニックなどで「無料カウンセリング」なども行っている事があるので、是非活用するようにしてください。
女性のびまん性脱毛症は本当に症状が分かりにくく、気づいた頃には事態が深刻になっていると言う場合も良くあります。ですから、少しでも自分の髪の毛に不信感を抱いたら相談するようにしましょう。特に以下のような賞状に心当たりがあると言う方は、一刻も早く無料カウンセリングなどを活用して相談するようにしてください。

  • 抜け毛が増えた
  • 髪の毛のコシが無くなってきた
  • 髪の毛が細くなってきた
  • 頭皮がべたつく
  • フケが増えた
  • 痒みが酷い

このような症状に心当たりがあると言う方は、びまん性脱毛症予備軍の可能性が非常に高いです。手遅れになる前に薄毛専門の皮膚科やクリニックに相談をして、自分の大切な髪の毛を守りましょう。特に女性の場合は髪の毛は命の次に大事と言っても過言ではありません。髪の毛は身だしなみの1つでもあるので、恥ずかしがらずにまずは相談する事から始めていきましょう。

 

女性 薄毛 治療