女性の薄毛は自分で原因を作っている場合があります

何だか手触りが頼りなくなって来たなあ~と思い、合わせ鏡で頭頂部を映して見たら地肌が丸見え!ショックで心臓が止まりそうになりますよね。何しろ普段、薄毛は男性がなるものと油断しているので、自分の頭がそうなっているのを認めるのは、本当に辛いものです。

 

男性ホルモンが原因になる、男性の薄毛に比べ、女性の薄毛は原因が多岐に渡るのが特徴となります。中には自分で薄毛の原因を作っている場合も…。気付かずやってしまいがちな原因を、2つご紹介しましょう。

 

まず1つ目が、無理なダイエットです。痩せたい女心は分かりますが、ハード過ぎると栄養不足になってしまいます。髪が育つ栄養が不足する上、ホルモンのバランスも乱れます。

 

その結果、血流不良が引き起こされ、頭皮に栄養が回らない状態に。女性らしさを保つために、ダイエットは程々がお勧めです。

 

そして意外な薄毛の原因の2つ目が、まとめ髪による頭皮の引っ張り過ぎです。お団子ヘアやアップスタイルなど、髪はオシャレの大切なポイントとなります。

 

でも気合を入れて引っ張り過ぎるのは禁物です。また、まとめ髪でなくても、ドレッドヘアなど、凝り過ぎたヘアスタイルも頭皮ダメージの元になります。

 

自分で招いた原因で薄毛にならないよう、皆さまもお気を付け下さい。